細い毛はやばいの?

ハゲているように見えるが大丈夫?

全体がハゲているというより、薄毛まっしぐらの状態だと考えるべきかも。
外国と日本人の髪の太さは違うのですが、日本人の場合は0.06〜0.09mmとされています。太さやハリ、丈夫さのピークは男性の場合だと20〜25歳ごろまでの思春期。つまり、男性ホルモンが活性化する前の段階となります。

 

どうしても過ぎると徐々に神は細くなって、抜け毛も増えていきます。男性ホルモンの影響以外にも、血行不良、ストレス、栄養状態、間違った手入れなどにより、太く硬い髪に成長しきれずに、ばらばらの太さになったり、途中で切れたりすることが原因となります。

 

弱冠細くなる

思春期を過ぎると髪の太さが約30〜40%減少し、0.04〜0.06mmになってしまいます。外見的な髪の量はピーク時の半分に、太さが50パーセント減ると量は4分の一に。そのために、若い自分と比較するよりも、今の自分の年代を理解したうえでの髪の計算をすることが大事です。

 

そのために、地肌が透けて見える率が高くなり、ハゲていると感じ害していしまう。最終的に髪の太さが8分の一になると耳たぶに生えている産毛より予測なり、一見、髪がないように見えてしまいます。ところが男性型脱毛の場合にマイクロスコープものをみると髪が見えないように見えるが実際は細く短い毛が生えているのです。

 

前頭部が脱毛症で完全に毛が生えない状態なら発毛させることは無理ですが、男性型脱毛症は細い毛がちゃんと生えているため、5αリダクターゼを抑制し、毛乳頭を活性化させることで、生き生きとした髪を取り戻すことができます。

 

注意が必要

髪が細くなり、ハリや腰が前よりもなくなっている・・・
毛先のとがった短い毛が伸びない、細くて短い毛が抜けている・・・
抜毛の数が多く、毎日100本以上も抜けているように思う・・・
ブラシで髪をとかすと、髪の間から毛先のとがった短い髪が立つ・・・
シャンプーをしてもすぐに頭皮が脂っぽくなる・・・・
周りの人から神が薄いと指摘される・・・