ストレス解消法を

リラックスすることが血流促進に

自律神経とは私たちの意思に関係なく働く神経のことを言います。呼吸や消化、汗や体温調節といった生命維持に欠かすことのできない機能を保っている。自律神経の中は脳の視床下部にあり、そこから連らなった神経の細胞が交感神経と副交感神経となって全身に分布している。

 

この交感神経と副交感神経は相反する働きをします。たとえば交感神経が背激されると、体は活動モードになり、皮膚からエネルギーが発散されて汗を促進したり、毛を皮膚の表面に垂直に立てたり血管が収縮するといったことが起こります。とても不思議な現象。

 

副交感神経が刺激されると、エネルギーを貯め込むリラックスモードへと向かい、体の修復や疲労回復をするように働き、血管は血流が良くなります。この二つはたとえるならば自動車のアクセルとブレーキで、両方をうまく制御することで、生命活動を保たれるようになるわけです。

 

でも、現代の社会の中で仕事に追われて常胃に精神の緊張状態が続くっことも有ればイライラとする経験をする人もいるはず。これは仕事だけでなく家族やお金などの心配事が理由で起きることもあります。

 

そうした過度のストレスは髪にも大きな影響を与えてきます。皮脂腺の働きが活発になり、皮脂がべたついたり、自律神経のバランスを崩す。これは髪の抜け毛の大きな原因用途になります。

 

血管が収縮しやすくなり、交感神経が優位な状態が続かず抜けやすく、それ以外に胃腸障害などにもつながります。

 

とくに、ストレスで抜けやすい症状として「円形脱毛症」。ストレスによって交感神経が高ぶった状態が短期的に継続されることで一部分が抜ける。
円形脱毛症の場合は3か月ほどで回復されるとしているために、そこまで悩む必要はありませんが、慢性型の円形脱毛症だと、継続して抜け毛が続いてしまうために、自分なりのストレス解消法を見つけることが大事です。