一か所だけでなく多種類

円形脱毛症の種類

円形脱毛症はその名の通りで丸くて100円や500円玉のような形をした脱毛症状が起こる病気。個人差はあり、小さい人もいれば大きな人もいる。私は頭頂部の一か所が大きく広がっているのですが、他の人では小さい沿海脱毛症がたくさんあったり、頭皮だけでなく眉毛や体毛に起こることもあるそうです。
円形脱毛症にも4種類のタイプがあり

 

  • 通常型=単発、多発型
  • 不正局面型=頭皮の生え際に脱毛
  • 全頭型=ほとんどの頭皮が抜ける
  • 汎発型=頭皮とともに全身の毛が抜ける

 

自分が悩みだすとどうしても気になるために、いろいろ調べてみると、意外に男性よりも女性の方が発症率が高いそうです。

 

1.5〜2倍以上の率で起こりやすいそうで、特に高齢者より若い人に起こる症状とのこと。10〜20代にかけて、ストレスなどを毎日のように急激にかか得ることで起こるとのことです。

 

私が円形脱毛症に気づいたのは25歳くらいだったと思うけど、もしかしたら、もっと前の段階で薄くなっていたのかも。けっこう円形脱毛症が発生してから気づかない人もいるそうです。急激なストレスが起こり、そこから脱毛が発生するのですが、約3〜6ヶ月で起こるそうです。しかし、この症状も早い人で半年ほどで解消するとのこと。そのために、気づかない人もいるんだって。

 

私のように長期間にわたり”付き合い”続ける人もいる。